2013年05月31日

氏原直樹の特選ITニュース【【ハウツー】iPhoneにも通信障害の影響はあるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ】

氏原直樹が選んだ本日のITニュースです。

氏原直樹がお話するブログです。
氏原直樹は今日からブログを更新させていただきます。
氏原直樹はITニュースについてお話します。
氏原直樹は横浜に住んでいます。
ブログの管理人は氏原直樹です。
氏原直樹は音楽好きです。
お話するのは氏原直樹です。

◯【ハウツー】iPhoneにも通信障害の影響はあるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
マイナビニュース 5月31日(金)15時10分配信

(写真:マイナビニュース)

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iPhoneにも通信障害の影響はあるの?」という質問に答えます。

***

iPhoneも携帯電話会社の通信網を利用しますから、そこに障害が発生すれば当然影響を受けます。au版iPhone 5は、au/KDDIのLTE通信サービス「au 4G LTE」を利用しているため、5月29日から断続的に発生した通信障害の影響を受け、東京や神奈川を中心にLTE回線経由でのデータ通信が利用できにくくなる状態となりました。

通信障害が発生する原因はさまざまです。今回のau/KDDIの通信障害は、第1報では「パケットデータ設備故障」とされていました。その後「LTE基地局制御装置の故障」と報告されたため、原因をある程度絞り込むことができましたが、現在のところ詳細は不明です。

通信障害が発生すると、ユーザは回線を利用できない/通じにくくなることによる不都合が生じます。今回のケースでは、特定エリアでLTE回線網につながらない/つながりにくくなり、3G回線網にトラフィックが集中しました。その結果、3G回線網も利用しづらい状態となり、通信障害の影響数は最大約64万件にまで増加しています。64万件という数値のなかには、もちろんiPhone 5も含まれます。

今回の通信障害と関係があるかどうかはわかりませんが、iPhoneを含むスマートフォンは常にネットワークに接続した状態に近く、操作されていないときも断続的にパケットを送受信しています。スマートフォンの利用者数が増えるにつれパケットの量は増加しますから、通勤時間帯など利用が集中する時間帯は、通信設備の処理能力が実際のトラフィックに追いつかなくなる可能性もあります。

実際、2012年1月にNTTドコモで起こった大規模通信障害は、ネットワークの混雑(輻輳)が原因とされています。NTTドコモにかぎらず、au/KDDIやソフトバンクも、スマートフォン利用者増により急伸するトラフィックへの迅速な対応(通信設備の増強)が求められていることは確かでしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130531-00000109-mycomj-sci

通信障害について、詳しく載ってますね。
では今日はこのへんで。氏原直樹でした。

◎関連ワード
氏原直樹経済 氏原直樹音楽 氏原直樹システムエンジニア 氏原直樹グルメ 氏原直樹旅行 氏原直樹ニュース 氏原直樹21歳 氏原直樹横浜 氏原直樹食べ歩き 氏原直樹神奈川県

◎注目ワード
バトルロワイアル 梱包 藤原竜也 大丸京都店 ベテルギウス ローソン 宗教者駅伝 三井住友 ノクターン 淡路恵子
posted by 氏原直樹 at 15:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
iPhoneの通信障害のお話勉強になりました!
氏原直樹さんのブログ、面白いです。
Posted by BETA at 2013年05月31日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。